新加盟店

Web担当gomi 現住所/山形市

自己紹介
坊主頭で眉毛は太く、声だけは大きいオヤジです。山形の平和を守る為に毎日駆けずり回っています。防犯・防災・・・なんでも御相談ください。景気回復の為に元気出していきましょう!宜しくお願い致します。

関連店舗

ALSOK山形株式会社

  • 店舗/発信者情報
  • お知らせ一覧
  • お得・クーポン情報

Web担当gomiさんの新着日記

2012/01/27 18:42:31
火の用心
「すぐに逃げれそうなんだけどね・・・」

この職業についている私でも
そんな事を思います。

火事で人が亡くなられるニュースを見る度に、
またそんな事を思うのです。

それでも火事はなくなりません。

それが火事の怖さなのでしょう。


特に就寝時の夜間の火災は発見が遅れるものです。

気づいて逃げようとしても煙が充満して、

普段、住み慣れた家から逃げる事もできなくなります。


住宅火災警報器が義務づけられてから5年が経ちます。

山形県内の普及率は64.8%(全国普及率71.1%)
※消防庁平成23年8月発表
まだ3割以上は未設置の状況です。

確かに設置しなくても罰則はありませんし、

消防署員が全ての住宅をチェックする訳でもありません。

つけなくても良いモノではあります。

しかし義務づけられたのには理由があります。

就寝時の火災を早期に住人に知らせて

避難できるようにという
理由です。

火の元をチェックしているから火は出さないという方も

大勢いらっしゃると思います。

ただ火はどこから出るかの予測が難しいのです。

電気の配線や分電盤(ブレーカー)、

コンセントのほこりのたまり等、

気づかないところからの出火のケースは

珍しいことではありません。

それにもまして火事になれば、

隣近所への飛び火の可能性もあります。

一つ数千円で安心できるなら安いものだと思います。


住宅火災警報器はALSOKでも販売しておりますし、

電気屋さんやホームセンター、

インターネットでも購入できます。

未設置の方がいらっしゃいましたら、

早めの設置をお勧め致します。

ページトップへ